【コンパクトロッド】組み立てへ

 

5ピースで6フィート2インチ、Lアクションのロッドビルディング用の最終サンプルが完成したため、最適なガイドバランスの確認、実釣の使用から、適合ルアーの確認をしていきたいため、組立てに入ります。

 


 

▼最終サンプル完成のブログ

コンパクトロッドのブランク開発


 

 

まず、ガイドをテープで仮止めし、最適なガイドセッティングを探していきます。

ガイドセッティングは、富士工業HPで参考になる資料がありますので、そちらを参考にしますが、一番は実際に取り付けラインを通し曲げてみるのが一番です。

 

実際に曲げてみて、ラインとブランクの距離が均等になっていることで、パワーロスを最小限に抑えブランクの性能を最大限活かすことが出来ます。

 

ガイドとガイドの距離が開きすぎると、テコの原理で曲がり過ぎてしまうので・・・。

大昔のガイドが少ないロッドが代表例です。

 

あえて、パワーを求めずに曲げたい場合は、その考えもアリです!!結局はどう使いたいかなので正解はありません(>_<)

 

 

 

最初は、9点ガイドでセッティングし微調整を繰り返しましたが、大きく曲げた際にベリーあたりのラインがどうしてもブランクに接触するため、10点ガイドにしてセッティングしました。

 

ラインがブランクに簡単にこすれる場合、ブランクが擦れるだけでなく、【パワーロスが大きく発生している個所】なので、特にベリーからバットは慎重にセット。

 

 

セットが完了したら、糸巻き。

 

使用した感じによっては、取り外す可能性もあるため、シルバーのピンラインを飾りに入れようかと思いましたが、黒一色で。

 

 

 

薄めにコーティングを3回繰り返して完了です。

 

#5のバットにフェルールを取付けたので、5フィート2インチのロッドに、35cmほどのグリップを取付けると6フィート半ぐらいになりますかね。

 

最終サンプルは、このフルセット1個しかないため、#4が新たに入荷したら、フェルールを取付ける予定です。

 

状況に応じてフェルール付きのカットした#4に差し替えれば4フィート後半になりそうです。

 

さらに、#3はスピニング用としてリングサイズ12ぐらいの元ガイドを付けて、スピニング仕様にも可変させる欲張り作戦です。

 

もちろん、#3〜#5は遊び心ある方向けにオプションパーツとしてバラ販売する予定です。

 

 

ヒトトキワークスのロゴが入った、ピッタリ収納できるネオプレーンケースとロッドベルトとセットでブランクを販売する予定。

 

エンドグリップも脱着式にして、ロッドの長さに合わせて変更が可能な仕様に!(^^)!

 

 

ネオプレーンケースは、ロッドベルトを巻いたまま、さらにグリップ、長さ違いの予備エンドグリップも入る容量です。

 

しかも、止水ファスナー仕様でアウトドア感満載!!

 

 

 

そしてそして、ビジネスバッグにも入るスーパーコンパクトな持ち運び性能が可愛らしい。

 

 

ターゲットはトラウトをメインに開発したため、最適なルアーウェイトは、2〜7gがベスト。

 

トラウト以外にも、メバルなどのライトソルトでも楽しめそうです!!

 

 

 

 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼

 

コンパクトロッドのブランク開発

 

1年半前から構想にあって、どうしても作りたかったコンパクトロッドのビルディング用のブランクス。

 

5ピースで、5フィート2インチの長さに設計しました。

 

 

 

アクションは、ULアクションのしなやかなティップに、バットパワーを上げるために#4に東レの8軸カーボンを被せ、さらに#5のバットセクションは並継にしてカーボンに太さを生むことで強制的にパワーを向上させています。

 

 

そして何よりも、マルチピースの欠点でもあった節目のパワーロスや曲がりの精度。

大体のマルチピースロッドは、への字に曲がり過ぎていたり、突っ張る感じにフェルール部だけが曲がらない状態が多いですが、画像のように継ぎ目が綺麗に曲がるように設計されています。少し見にくいかもしれませんが・・・。

 

 

#4とバットセクションの#5を繋げると、同じ仕舞寸法で4本継ぎのブランクスになるちょっとややこしいブランクスです。笑

バットパワーを向上させるために、手の込んだややこしい設計となっております<(_ _)>

 

 

もちろん、ブランクスルーのロッドとしても製作可能ですが、#3、#4、#5セクションはオプションパーツとして販売する計画がありますので、オプションパーツを複数用意してヒトトキワークスのフェルールタイプのロッドにすれば長さを変えられる可変式ロッドも製作可能です。

#3にフェルールを取付けた場合も、元々バットパワーのあるブランクスのため、尺クラスの魚でも十分やり取りが可能だと思います。

 

 

#5のバットセクションにフェルールを取付けると、グリップの長さにもよりますが、6フィート前後のロッドになるかと思います。

 

個人的には#4の8軸カーボンシートがかぶさっているギリギリの部分でカットしてフェルールを取付けて、4フィート後半にして、メインに渓流域で使用し、本流に行く時だけは#5のフェールール仕様6フィートに変更することになるかと思います。

 

そしてコンパクト。

仕舞寸法は425mmほどになるかと思いますので、バッグにも入ってしまうコンパクトさです。

 

 

ブランクアクションの仕様は決定したため、10月中には入荷まで辿り着けそうです。

 

ここまで長かったですが、最高のブランクスが完成しました。

 

入荷しましたら、またブログでご紹介します!!

 

 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼

 

ビルディングパーツの金属パーツ、グリップ類が完成です

自作ロッド用の金属パーツ、グリップ類が続々と入荷しました。

 

まずは、ワインディングチェック。

 

 

アジングやトラウトロッドなど、ライトゲームに使用されることが多い、内径7.5mmとセパレートグリップなどで使用されることが多い、内径13mmと15mmが完成しました。

 

段差の付いた、シンプルなデザインで高さ2mmと小さく、軽量でもあり目立ち過ぎないよう設計しました。

 

カラーはシルバーとブラックをラインナップです。

 

 

 

 

 

富士工業の16サイズのリールシートのスクリュー部分に適合するデコレーションリングも完成しました。

 

内径7.5mmは専用設計ですが、内径13mmと15mmは先述のワインディングチェックと兼用です。

ワインディングチェックとしても使用でき、スクリューキャップとしても使用できます。

 

 

さらに、16サイズのKNフードパイプ(フロントグリップを回転させてリールを固定するタイプ)に適合する、ローレット加工がされたナットリングと、ナットリングの上に被せるトップリングも完成しました。

 

全ての部品を組み合わせると、このようなグリップが完成します。

 

全てのパーツは、シルバーもラインナップしていますので、お好きなカラーで組み合わせて使用してください。

 

 

 

 

17サイズの同様パーツも完成です!!

 

KN17だけでなく、16サイズのスケルトンシート、スピニングタイプのTVSシートのフードパイプにも適合します。

 

 

 

 

次に、グリップ達のご紹介です♪

 

まずは、セパレートタイプのEVAとコルクグリップ。

 

 

スリムな形状にこだわり、非常にホールドしやすい形状に設計しました。

 

S16DRのワインディングチェックと組み合わせれば、グリップの断面がほとんど隠れ、無駄のないグリップに仕上がりますよ。

 

 

特にコルクグリップは、限界に近い肉薄設計のため、コルクグリップ先端の内側に目抜けがある商品もございますので、ワインディングチェックで隠す意味もあり、S16DRの取り付けは必須です。

 

セパレートグリップは、ショートタイプも完成しました。

45mmのため、主にエンドグリップとして使用できるかと思います。

 

 

 

 

次に、ウッドリールシート専用のシェイプグリップ。

 

 

80mmとショートに設計されているため、トラウトフィッシングにピッタリなサイズです。

 

 

そして、最後にマットブラックに塗装されたガングリップ。

 

 

富士工業の外径27mmのリールシートに適合するタイプと、ウッドリールシートに適合する外径24mmの2種類をラインナップ。

 

 

今回紹介したビルディングパーツ以外にも、さらに続々と入荷する予定です!!

 

お楽しみに下さい。

 

 

 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼