低弾性ショートロッド開発記Vol1

こんにちは!

 

ヒトトキワークスの上村です。

 

 

現在、渓流ルアー用の低弾性ショートロッドの開発を行っており、開発に至った経緯をご紹介します。

 

 

2年前、ごく一般的な高弾性の5ftロッドをメインに使用して、渓流トラウトのルアーフィッシングを楽しんでましたが、なんか普通過ぎて面白くない!!と感じてました。

 

 

この面白くないと感じてしまった感情は・・・

 

 

【出来るだけ多くの魚を釣りたい、出来るだけ大きな魚を釣りたい】という釣りの楽しみ方から、

 

 

【魚に出会うまでの時間、そして出会った魚とのやり取りを最大限、のんびり楽しみたい】という釣りの楽しみ方が、自分の中で変わってきたのだと思います。

 

 

年の功ってやつですかね・・・笑

 

 

 

 

その頃から、キャストを手返しよく、狙ったスポットにバシバシ打ち込め、魚の引きをダイレクトに感じ取れるショートロッドに興味を持ち始めました。

 

 

2〜5gのルアーを狙ったスポットに気持ちよく打ち込め、魚を掛けてからもロッドをブチ曲げてやり取りできる最高に遊べるショートロッドを作りたく、グラスソリッドを削り出してロッドを製作しましたが、キャストは気持ちよくでき、魚を掛けてからも曲がって楽しむことは出来ましたが、気に入らない点が5点もあり悩んでました・・。

 

 

●1点目

あまりにも張りがないために、トゥィッチしてもティップの戻りが遅く、さらにバットまで曲がってしまうために、ルアーは細かなアクション、切れのアクションが生まれない・・・

 

●2点目

バットが曲がりすぎてしまうため、大きくトゥィッチしないとルアーまでアクションが伝達せず、さらにロッドが重いため手首がしんどい・・・

 

●3点目

反発力がなく、飛距離が出ない・・・

 

●4点目

バットが曲がりすぎてしまうために、フッキングが決まらない・・・

 

●5点目

感度が悪すぎる・・・

 

 

 

 

 

【しなやかさ】を残しつつ、上記の5点のデメリットを克服したロッドブランクスは存在しないものなのか・・・('_')

 

 

 

 

 

 

この時から、最高に満足できるロッドを作りたい情熱が燃え上がり始めます 笑

 

 

 

 

 

<イメージしたロッドアクション>

 

●2gのルアーでも、ロッド自体がしなり、軽々キャストできるグラス素材のような、しなやかなアクション

 

●ティップの戻りがある程度早い

 

●バットがしっかりしている

 

●中空カーボン素材で軽い

 

 

上記4つのアクションをクリアし、かつショートレングスのロッドになる素材を探すため、中古ショップを定期的に巡り、様々なロッドを曲げまくりましたが、イメージ通りのロッドが見つからず、悩みに悩んでいました。

 

 

 

 

 

そんな時に家の釣り道具を片付けていると、あるロッドが目に入りました!!

 

 

 

 

 

2年前に、近くの中古ショップで見つけた、小型のトップウォーターをキャストできるフローター用のバスロッド。

 

 

 

 

 

子供用にと3,000円で購入したロッドでしたが、子供と釣りに行く機会も少なく部屋の片隅に眠っていました。

 

 

 

 

 

 

もしかしてと、ロッドを曲げてみると・・・

 

 

 

 

 

『あれっ!!見つけたかも!!』

 

 

 

 

 

ロッドをぶった切り、ベイト用ガイドを付けなおして大改造を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

実際1.5シーズン使用しましたが、現在、自分の中では理想のロッドとなっています。

 

 

▼当時のブログ

娘に見捨てられた3千円中古ロッドを、本気で遊べる4ftベイトロッドに大改造計画!【ガイド取付編】

 

 

 

 

 

この奇跡的に出会ったロッドを再現するために開発を決め、ロッドブランクスの試作を国内のブランクス工場に依頼を行ってました。

 

 

 

 

 

工場からは、肉薄+高弾性カーボンという現代のロッド設計の正反対となる設計に難航し、なかなか同じようなアクションを出せないと、何度も連絡があり、納期遅れにも繋がってしまいました(+o+)

 

 

 

 

 

世の中にないものを作るというのは、なかなか計画通りいかないものですね・・・。

 

 

 

 

 

ようやく、最終の試作が完了し確認すると、全く同じアクションを再現されていました!!

 

 

 

ブラック塗装が施されたブランクが、試作品。

 

 

 

 

 

 

ガイドセッティングも決まったため、サンプルロッドを仕上げて最終チェックを進めていきます。

 

 

 

 

販売までは、もう少し先になりそうですが、ようやく理想の遊べるロッド製作に一歩近づけました。

 

 

 

シーズン開始には、とても間に合いそうにないかな・・・。

 

 

 

 

焦らず、良いものを作り上げていきたいと思います!!

 

 

 

 

ロッドアクションの動画も撮影しましたので、よろしければご覧ください!!

 

 

 

 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼

 

コメント

同じ様な経緯をたどっていますので、とても楽しみにしています。

試作品は1ピースの様ですが、私の希望としては2ピースです。
ご検討いただければ幸いです。

  • ひで
  • 2020/02/02 11:57

ひで様、コメントありがとうございます。
1ピースの販売からスタートしますが、いつか2ピースもラインナップに追加できるよう検討させていただきます。
よろしくお願いします。

  • ヒトトキワークス上村
  • 2020/02/02 12:16