グリップジョイントのハンドル製作方法(ベイト編)

長さの変えられるグリップ一つに、様々なロッドを組み合わせれるHitotokiWorkのバットジョイントグリップ。

 

 

グリップジョイントシステムとは??

詳しく知りたい方はコチラを参考にしてください。

 

 

今回は、そのグリップジョイントシステムパーツを内蔵した、ベイトタイプのバットジョイントグリップの組み立て方法をご紹介します♪

リールを固定するためのフロントフードは、アルミフロントセットを使用してみました。

 

▼まず今回製作する完成画像から▼

 

 

 

 

フロントグリップの部分ですが、グリップジョイントシステムの金属パーツが埋め込まれています。

 

グリップに埋め込む前の、グリップジョイントシステムの画像↓↓

 

 

こちらのグリップジョイントシステムパーツによって、フェルールの取り付けられたロッドを締め込んで固定することが可能になります。

 

それでは、最初の画像の完成グリップまでの組み立て方を説明します。

 

今回使用するベイトタイプのリールシートはこちらのものを使用します↓↓

 

 

フロントグリップを回転させてリールを締め込むタイプのリールシートになっています。

フロントグリップを取り付けるフードパイプに、アルミフロントセットを接着しますが、フードパイプが長すぎて接着できないため、まずはフードパイプをまずカットしていきます。

 

まず、カットする長さを決定するため、リールシートのフードパイプを差し込んで止まる長さを測ります。

約4mmあります。

 

 

フードパイプを4mmにするため、4mmの位置にテープを貼ってカットしてしまうと、刃物の刃の厚さや、カットした後の断面を綺麗にするための削りで、最終的にフードパイプは、2〜3mmほどとなってしまうため、その分を考慮し6mmの位置にテープを貼ってカットします。

カーボンフロントセットを使用する場合は、接着面10mmになるため、12mmパイプが残る位置にテープを貼ってカットします。

 

 

次に、カットしたフードパイプにアルミフロントセットを仮組しますが、まずフードパイプとアルミフロントセットの隙間を無くすため、スペーサーテープを細く切り隙間分巻きます。

 

 

 

アルミフロントセットを仮組みし、フードパイプが長すぎないか確認します。

この時カーボンフード上下に隙間があれば、ペーパーやすりで、フードパイプを削り調整します。

※多少フードパイプが短くなっても問題ありません。

 

 

隙間がないことを確認したら、2液性の接着剤で固定します。

はみ出た接着剤はティッシュまたはウェットティッシュで丁寧に拭き取ってください。

薬局で販売している燃料用アルコールをティッシュに染み込ませて拭くと綺麗に拭き取れます。

 

 

次に、リールを取付けた際に、スクリューが丸見えだとカッコ悪いため、締め込み切った際に完全にスクリューが隠れるようにカットするため、先端から8.5mmほど短くし、全長38mmにします。

この時も余裕を持って7mmの位置にテープを貼ってカットします。

 

 

 

 

 

この時、ねじ山の無い面から刃を入れていく事がポイントです。

 

カットしたら紙やすり等で、断面を綺麗に整えます。

この時先端には、紙のように薄くなったねじ山が出るため、ナイフで斜めに削り落とします。

パイプ内側のバリもナイフで削ぎ落し、リールシート周りの加工は完了です!!

 

 

次に、メス用カーボンパイプ(この画像では、試作品のためメッシュ加工されていません)に、ワインディングチェックリアグリップ・リア側のリールシートを2液性エポキシボンドで接着します。

 

 

 

メス用パイプの先端は、ワインディングチェックよりはみ出さないよう位置を決めて接着してください。

 

 

次に、スクリューをリア用リールシートの先端から33mmの位置に合わせ、若干の隙間をスペーサーテープで埋めてから接着します。

 

 

 

次にメス用カーボンパイプを75mmはみ出した状態で鉄のこ等でカットします。

※このはみ出し部分がないと、リールの足が入らなくなるので必須です!

 

 

カットしたら断面を紙やすりで整え、スペーサーパイプと、グリップジョイントシステムパーツの受け側のシャフトを接着します。

 

リールを固定するフードパイプを入れてから、グリップジョイントシステムパーツの受け側のシャフトにガタが出ないよう、マスキングで内径調整をしてから接着します。

※接着する際、グリップジョイントシステムのシャフトだけでなく、カーボンパイプの内側にも爪楊枝で接着剤を塗布してください。

 

 

接着剤が硬化したら、メス側カーボンパイプを使用したベースグリップは完成です!!

 

 

 

 

次にオス用カーボンパイプ(この画像では試作品のためメッシュ加工がされていません)を使用したエンドグリップの組み立てです。

 

必要の長さにカーボンのエンドをカットしたオス用パイプに、ワインディングチェックとエンドグリップを仮組し、ベースグリップに取り付けます。

 

 

注1 メス用パイプに差し込む側は、オス側パイプにはまり込むよう、込み加工が施してありますので、絶対にカットせず、反対側のエンド側をお好きな長さにカットしてください。

注2 オス用パイプが短すぎるとメス用パイプとのジョイントが効かなくなる場合があるので、カットする前に仮組して確認ください。

 

 

 

 

エンドグリップとエンドグリップ先端のワインディングチェックバットエンドを接着します。

バットエンドのシャフトとオス用パイプに隙間が生じないよう、バットエンドのシャフトにスペーサーテープを巻いて調整してから接着します。

 

 

接着剤が硬化したら完成です!!

 

 

 

今回は渓流ルアー用のグリップで製作したため、エンドグリップは出来るだけ短く設計しましたが、

少し長いタイプのエンドグリップを用意し差し替えれば、ワンタッチでグリップが長くなり、バスや本流トラウトにも対応できます。

 

 

 

フェルールを取り付けたロッドを、今回製作したグリップに組み合わせるとこんな感じです。

 

 

 

 

ご不明な点がありましたら、問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

 

▼今回使用したパーツ▼

 

アルミフードセット

塗装済ベイトシート+メス用パイプセット

バットジョイントシステム

アルミシャフトフェルール

バットジョイントパイプ

EVAリアグリップ(ベイト用)

EVAエンドショートグリップ(ベイト・スピニング共通)

ワインディングチェック

デコレーションリング

バットエンド

2液性エポキシボンド

スペーサーテープ

 


 


 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼

 


 

コメント