ビルディングパーツの金属パーツ、グリップ類が完成です

自作ロッド用の金属パーツ、グリップ類が続々と入荷しました。

 

まずは、ワインディングチェック。

 

 

アジングやトラウトロッドなど、ライトゲームに使用されることが多い、内径7.5mmとセパレートグリップなどで使用されることが多い、内径13mmと15mmが完成しました。

 

段差の付いた、シンプルなデザインで高さ2mmと小さく、軽量でもあり目立ち過ぎないよう設計しました。

 

カラーはシルバーとブラックをラインナップです。

 

 

 

 

 

富士工業の16サイズのリールシートのスクリュー部分に適合するデコレーションリングも完成しました。

 

内径7.5mmは専用設計ですが、内径13mmと15mmは先述のワインディングチェックと兼用です。

ワインディングチェックとしても使用でき、スクリューキャップとしても使用できます。

 

 

さらに、16サイズのKNフードパイプ(フロントグリップを回転させてリールを固定するタイプ)に適合する、ローレット加工がされたナットリングと、ナットリングの上に被せるトップリングも完成しました。

 

全ての部品を組み合わせると、このようなグリップが完成します。

 

全てのパーツは、シルバーもラインナップしていますので、お好きなカラーで組み合わせて使用してください。

 

 

 

 

17サイズの同様パーツも完成です!!

 

KN17だけでなく、16サイズのスケルトンシート、スピニングタイプのTVSシートのフードパイプにも適合します。

 

 

 

 

次に、グリップ達のご紹介です♪

 

まずは、セパレートタイプのEVAとコルクグリップ。

 

 

スリムな形状にこだわり、非常にホールドしやすい形状に設計しました。

 

S16DRのワインディングチェックと組み合わせれば、グリップの断面がほとんど隠れ、無駄のないグリップに仕上がりますよ。

 

 

特にコルクグリップは、限界に近い肉薄設計のため、コルクグリップ先端の内側に目抜けがある商品もございますので、ワインディングチェックで隠す意味もあり、S16DRの取り付けは必須です。

 

セパレートグリップは、ショートタイプも完成しました。

45mmのため、主にエンドグリップとして使用できるかと思います。

 

 

 

 

次に、ウッドリールシート専用のシェイプグリップ。

 

 

80mmとショートに設計されているため、トラウトフィッシングにピッタリなサイズです。

 

 

そして、最後にマットブラックに塗装されたガングリップ。

 

 

富士工業の外径27mmのリールシートに適合するタイプと、ウッドリールシートに適合する外径24mmの2種類をラインナップ。

 

 

今回紹介したビルディングパーツ以外にも、さらに続々と入荷する予定です!!

 

お楽しみに下さい。

 

 

 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼

 

コメント