7フィート5インチの40t高弾性ブランク

サツキマスやサクラマスをメインに開発し、販売開始たばかりの高弾性4軸クロスカーボン40tブランクス。

 

長さは、7フィート5インチとなっており、先端側は30tカーボンを使用し、軽いルアーでも投げやすく、魚のアタリもはじきにくくなっており、バット部分は最高級40tカーボンをふんだんに使用し、40tカーボンが持っている飛距離、感度、操作性、強靭なパワーに、さらにクロスカーボンをベリーからバット部分に被せることで、ねじれ剛性を高め安定したキャストやさらなるパワー、飛距離向上と、潰れにくくなり限界強度を向上させたモデルとなっています。

 

アクションは【ファースト】となっており、パワーはDATUKI/MLとSAKURA/Mの2種類をラインナップ。

SATUKI/MLは、7-20gの適合ルアーとなっており、SAKURA/Mは、ルアー:10-30gの適合ルアーとなっています。

 

 

 

 

 

 

この時期、伊豆に行くことが多くなり、エギングや20gテキサスをメインに使用したハードロックフィッシュゲーム用にSATUKI/MLを使用して組んでいます。

 

適合ルアーウェイト越えてますが、フルキャストするわけでもないので、問題なく使用できるのではないかと思います。

あくまで自己責任でお願いしますが・・笑

 

高弾性のブランクには、最軽量のトルザイトガイドがおススメです。

ガイド自重の影響が出にくいベリーからバットはステンレスガイドで十分だと思います。

 

てことで、ガイドを仮止めしラインを通して、ベストなガイドセッティング位置を探っていきました。

 

 

穂先側のティップセクションも根元部分は、クロスカーボン仕様となっており、根本側のバットセクションから急激に硬くなってバランスが崩れるのを防ぎ、非常に綺麗なベントカーブを描きブランク強度を向上させました。

 

 

 

完成品の製品化のためのサンプル製作用のため、スレッドは黒一色で。

 

バットセクションは、グリップ取り外し専用にするために35cmほどぶった切ってカーボンシャフトフェルール仕様にしています。

 バットが曲がらない竿のため、カーボンシャフトに極度の負荷が掛かるため、カーボンシャフトに、さらにカーボンソリッドを接着し無垢の状態にしないと、カーボンシャフトが折れる可能性があります。


 

 

ガイドが付くと、ますますカッコイイ感じに。

 

ネームも入っていませんが、この時点で美しいロッドに仕上がりました。

 

 

今回は、フルトルザイトガイドで組みましたが、製品化の際は、バット部分のみステンレスガイドにする予定です。

 

●参考ガイドセッティング
TOPガイド:T-KGTT6-1.6
1番ガイド〜4番ガイド:T-KTTG5.5
5番ガイド:T-KTTG6
6番ガイド:T-KTTG7
7番ガイド:P-KLSG10
8番ガイド:P-KLSG12H
9番ガイド:P-KLSG20H

 

●ガイドセッティング位置
TOP-1G:115mm
1G-2G:120mm
2G-3G:120mm
3G-4G:130mm
4G-5G:140mm
5G-6G:150mm
6G-7G:165mm
7G-8G:200mm
8G-9G:245mm

 

 

 

 

試投して驚いたことは、張りの強さと軽さによって振り抜けがメチャクチャ良いのに驚きました。

 

それと、4軸クロスのパターンがカッコよすぎて、釣り中もロッドを眺めてしまいますね 笑

 

現在はSATUKI/MLが売り切れとなってしまいましたが、近日中に入荷する予定です。

また、完成ロッドも開発中のため、価格が決定次第ご案内します。

 

強靭なバットパワーを最大限発揮するために、まずはハードロックフィッシュを最初に狙いに行きたいと思います!!

 

 

▼カスタムロッド、ロッドビルディングパーツの【Hitotoiki Works】通販サイト▼

 

コメント